オンライン透析

オンラインHDFとは

HD(血液透析)とオンラインHDF(血液透析濾過法)の違い

HDF(血液透析濾過法)は血液透析と血液ろ過を併用した血液浄化方法です。 HD(血液透析)は、血液と透析液がダイアライザー(透析器)の膜を介して接しており、濃度の差による拡散(物質の濃度が濃いほうから薄いほうへ移動すること)により、血液中に蓄積した物質が膜の小孔を通過して除去される方法です。

HF(血液ろ過)は圧力を利用して水分と同時に蓄積した物質を除去する方法です。

HDF(血液透析濾過法)は拡散の原理と、濾過の原理を組み合わせた方法で、透析を行いつつ同時に補液し、補液した分で濾過を行います。当院は前希釈法のオンラインHDFを採用しています。
前希釈法はHDFフィルター(透析のダイアライザーに相当する機器)の手前で透析回路内に透析液を補液し、除水量に補液分をあわせて除去する方法です。これにより大量の濾過ができ、補液の分はHDFフィルターで除去されます。

I-HDF(間歇補充型HDF)とは

I-HDFは濾過・補充を断続的に行うオンラインHDFです。透析中に一定間隔で少量ずつ補液を行いながら透析・濾過を行う方法で、末梢循環が改善し血圧が安定します。

オンラインHDFの効果

オンライン透析により大量の濾過を併用することで下記の軽減・改善が報告されています。

透析

  • 皮膚瘙痒症 (かゆみ)
  • レストレスレッグ(むずむず足)症候群
  • 関節痛
  • 不眠
  • イライラ感
  • β2ミクログロブリンの除去(透析アミロイドーシスの軽減)
  • 貧血の改善
  • 炎症の改善
  • 透析低血圧の予防

(各症状の軽減や改善などには実際の効果に個人差があります。)

オンラインHDFは医療保険制度で認められた方法です。
患者様のご負担は今までの透析療法と変わりありません。

超純粋透析液

透析液としては無酢酸透析液 「 カーボスター 」を使用しています。
透析液を置換液(補液)に使用するためには、厳重な透析液の水質管理が必要です。透析液作成過程で各種フィルターにより不純物や生物学的汚染(細菌やエンドトキシン)を除去し、超純粋透析液水質基準(細菌 0.1 CFU/mL未満,ET 0.001 EU/mL(測定感度)未満)を維持し、最終的にエンドトキシン補足フィルターにより注射剤と同レベルの無菌性保証水準を確保しています。超純粋透析液を作製する為に定期的な水質検査(外注検査センター含む)を実施しています。

診療時間

 
午前
午後

<一般外来診療時間>
午前…9:00〜12:00

(最終受付 午前11:30)

午後…13:00〜15:00

(最終受付 午後14:30)

休診…土曜午後・日曜・祝日
<透析診療時間>
月・水・金 曜日  午前透析
 9:00 ~ 14:00
月・水・金 曜日  夜間透析
 17:00 ~ 22:00
(祝日夜間透析 15:00~20:00)
火・木・土 曜日 午前透析
 9:00 ~ 14:00

職員募集中 お電話ください。
Tel:03-3741-0774

アクセス

アクセスマップ

〒144-0033

東京都大田区東糀谷1-20-20

Tel:03-3741-0774

グーグルマップはこちら

●京急大鳥居駅 東口出口より、
徒歩約8分

●蒲田駅より、
京急バス「東糀谷6丁目」行き
「南糀谷」バス停より徒歩30秒

大田区、蒲田の一部、川崎(近隣・川崎区)の地域からの送迎を行っています。
送迎について詳しくは、クリニックへお問い合わせください。

連携病院

東邦大学大森病院

大森赤十字病院

東京労災病院

牧田総合病院

東京都済生会中央病院

渡辺病院

pagetop